ブランド情報

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)

ボーム&メルシエのご試着・ご購入は、日本の輸入高級時計・ジュエリーシーンを50年以上牽引してきたオーナー創業のオールドニューインク銀座にお気軽にご相談ください。

ボーム&メルシエのご試着・ご購入はオールドニューインク銀座

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)の歴史

1830年設立以来、途絶えることなく現代まで続いているスイス高級腕時計のブランドであり、時代とともに進化し続ける時計コレクションは老若男女を問わず、高い人気を誇ります。
小さな村の時計工房としてその業に励み、優れた技術は瞬く間に花を咲かせて独自のムーブメントを完成させました。複雑な機械構造を持つだけでなく、その部品の一つ一つが精密な精度でなければ成り立たないトゥルービヨン機構をもつクロノメーターで賞を獲得し、その絶対的な精度に高い評価を受けるだけでなく、その後10年間記録更新されることなく王座としてのトップを独走します。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)ジュネーブ刻印

創業から短期間で絶大な信頼を得ていたボーム&メルシェは、早い段階で世界的シェアを目指し、販売ルートを少しずつ広めていきます。
精密な部品・複雑機械構造を得意としていたボーム&メルシェは、村の時計工房から世界進出に向けて動き出しました。そして「パテックフィリップ」や「ヴァシュロン・コンスタンタン」や「ロレックス」など名高き高級時計の聖地であるスイス・ジュネーブに進出し、高い技術力に加え高級時計を感じさせる美しさを兼ね備える時計としての認定を受け、世界的に通用する権威を手にした高品質ブランドとして、その名を世に知らしめていきました。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)モットーとポリシー

ボーム&メルシェは自社のムーブメントを作り上げ、複雑な機械構造をも得意とするため
常に完璧を追求してきました。精密部品・機械構造全てが一体をなしてこそ精度への自信へとつながるという「完璧追及」をモットーにしており、世界に通用する最高精度の時計を生み続けます。
そして、素材・デザイン・構造・フォルムすべてにこだわりを貫いたうえで、信頼できる価値である完成体を適正な価格で提供することをポリシーにしていることから、高級時計でありながらもラインナップは様々で、老若男女を問わず親しみやすい価格設定になっています。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)ブランドの特徴

ブランドの気質
ボーム&メルシェは機械式の機能性や構造に長けており、その技術は高い評価と絶大な信頼性を持っておりますが、中身だけでなく外観のフォルムやデザイン性についても独自のスタイルを貫いております。
高級時計の象徴といえばラグジュアリーな一面を持つものが多く存在し、素材の価値が価格に反映せざるを得ない結果としての高級価値があることは否めません。
しかしボーム&メルシェの特徴としては、レザーベルトという皮革素材に着目したスタイルが時計そのものの存在価値を際立たせています。
中でもアリゲーターレザーの採用は、ワシントン条約を尊重した素材採取における自然環境への配慮も怠らない謙虚さという、ボーム&メルシェのブランドの気質を表しています。

時計の開発プロセスの中にも、様々な配慮の姿勢を怠らず、自社における行動規範を周知徹底し、完璧な時計を仕上げるための環境づくり・環境保護や社会活動等などの貢献の精神をもって積極的な取り組みを公証しております。
こうしたことのみならず、ブランドとしての取り組み姿勢は常に誠実なものであり、向上心と最先端の追及をしつつも、配慮の心を忘れない尊厳はボーム&メルシェの名の元にふさわしい紳士らしさを醸し出し、規範となるべく理念正しき姿勢が時計という個体のフォルムに忠実に出ております。技術評価だけでなく、社会的評価もまたボーム&メルシェというブランドのネームバリューを築き上げています。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)デザインへのこだわり

時代とともに進化していく技術はもちろん、その時々の時代背景を見逃さず、時代の流れに合わせたニーズや傾向にもこだわりを発揮しており、高級時計ブランドとしての高貴なフォルムの中にも、ブランドの気質がデザインへのこだわりとなって美しく反映されています。
男性用女性用と二種類構えるモデルの多くはケースサイズの違いや文字盤の変化等で男女差を区別するというのが一般的ですが、ボーム&メルシェのレディースモデルのラインアップは、ただサイズの違いだけでなく女性らしさを取りいれた配慮あるデザインも魅力の一つです。女性もまた高級時計を身近に親しめるよう、かつ時計を楽しめるようメンズモデルとは似て非なるワンポイントアクセントをあえて取り入れるモデルが存在します。
時計がまぶしく輝くというよりも、その時計をつけた方を輝かせるための一工夫こそが、
どこかレディーファーストの優しさを感じさせてくれます。

ボーム&メルシェの魅力とは?

人を選ばない時計
レザーベルトを前面に出しているモデルが多いボーム&メルシェですが、あえてレザーベルトの採用の背景には、状況に応じて適応してゆくというストーリー性を秘めております。
購入時は折り目の無いまっすぐとした直線状態ですが、経年とともに姿かたちを進化させていきます。ボーム&メルシェの時計にたどり着く者を選ばず、訪れた出会いのその日から時を刻み始め、刻む時間と共にレザーベルトがそれぞれの腕に形を合わせて順応し、刻んでゆく時間はレザーベルトの描く曲線が物語ってくれます。
人それぞれ異なる腕の形状に時計が従い、その人だけのために専用の特化した時間を共に刻んでくれるような存在です。
「時計に見合う人間こそ」という概念ではなく、出会った者を「時計が輝かせてくれる」紳士的な魅力を秘めています。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)腕に宿る小さな世界

時計は本来「時間を知る」という目的をもちますが、振り返る瞬間もまた、「本当の時間」として触れ合うきっかけになります。
迫りくる時間を計るばかりが時計でなく、過ぎる時間には共に刻んだ歴史としても価値を見出し、思い返す時こそどこか気持ちに余裕を与えてくれるような不思議な存在です。
ボーム&メルシェのモデルの中には、裏蓋がスケルトンのモデルがあり、内部の機械を見ることができるものがあります。
その窓の向こうには、小さな部品の集合体それぞれが役割を担い、一秒という時間を製造している瞬間を見ることができます。自分の腕の上で、限られた小さな空間の中で秒を刻み時間を製造している景色は、まるで宇宙に浮く地球という球体の中で、人間がそれぞれの役目を担って生きているかの如く、そこには「もう一つの小さな世界」が宿っている事を実感させてくれます。

ボーム&メルシェが選ばれる理由

パートナーとして
ボーム&メルシェが選ばれる理由として、そのイメージは紳士的・意欲的・配慮・優しさなど象徴ワードがあり、ビジネスマンの間でも高い人気があります。
努力の勲章、ワンランク上の時間を目指すための目標、人生の節目を刻む歴史の象徴としてなど、ビジネスと共に過ごし、支えてくれる「相棒」として選ばれております。
また「共に刻む時間」を意味することから、特別な贈り物としても人気が高く、親しみやすい価格でありながら、ボーム&メルシェの最高技術は保証されていることから、身近な高級時計であることも選ばれる要素の一つです。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)芸術の作品

コレクションの一つとして選ばれるのは言うまでもなく、長い歴史と高い技術が誇るブランドの価値そのものであり、理念から始まる完成までの一連は芸術そのものです。スイス・ジュネーブの正真正銘高級時計だけに、その精度は玄人をも魅了します。ハイエンドモデルともなると、コレクターの心をくすぐる要素は増え、幅広い需要に応えるブランドとして、上級者からも根強い支持を得ています。
時代の流行を常に追い続け、洗礼されたデザインの発表を楽しみに待ちわびる時間も、刻まれうる時間として楽しみへと化します。

ボーム&メルシエのご試着・ご購入は、日本の輸入高級時計・ジュエリーシーンを50年以上牽引してきたオーナー創業のオールドニューインク銀座にお気軽にご相談ください。

ボーム&メルシエのご試着・ご購入はオールドニューインク銀座

PAGE TOP