コラム

アウトドア時計の選び方とおすすめモデル11選!銀座のこだわり店主が教える高級ブランドウォッチ

アウトドア時計の選び方とおすすめモデル11選!銀座のこだわり店主が教える高級ブランドウォッチ

アウトドアを愛する皆さんに欠かせない大切な相棒、それが腕時計です。過酷な環境下で命を守り、未知なる領域への挑戦をサポートしてくれる頼もしいパートナー。しかし、アウトドアウォッチ選びは意外と奥が深いもの。単に高機能であればいいというわけではありません。

防水性や耐衝撃性は当然として、自分のニーズに合った機能を備えているか。デザインや装着感は好みに合っているか。ブランドの歴史や哲学に共感できるか。アウトドアウォッチ選びには、そうした様々な観点からの慎重なアプローチが欠かせません。

そこで本記事では、アウトドアで使える腕時計の選び方から、おすすめのブランドやモデルまで、詳しく解説していきます。アウトドアウォッチの基礎知識から最新トレンドまで、ここを読めばすべてがわかる。そんな内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

高級ブランド時計のご試着・ご購入は、日本の輸入高級時計・ジュエリーシーンを50年以上牽引してきたオーナー創業のオールドニューインク銀座にお気軽にご相談ください。

アウトドアに適した腕時計の選び方

アウトドアに適した腕時計の選び方

アウトドアでの過酷な環境に耐えうる腕時計を選ぶためには、以下が重要なポイントとなります。

防水性能

アウトドアウォッチに求められる最も基本的な性能が、高い防水性能です。雨や水しぶきはもちろん、泳いだり潜ったりする際にも使用できる防水レベルが必要不可欠です。

一般的な生活防水は3気圧程度ですが、アウトドアで安心して使うなら10気圧以上の防水性能を備えたモデルがおすすめです。

特にマリンスポーツで使用する場合は、20気圧以上の防水性能が求められます。ダイビングで使用するなら、200m防水のダイバーズウォッチ規格を満たしたモデルを選びましょう。

また、防水性能は経年劣化するため、定期的なメンテナンスが欠かせません。2〜3年に一度はパッキンなどの交換を行い、防水性能を維持することが長く使い続けるコツといえます。

時計のオーバーホール完全ガイド:基本ステップからメリットまで徹底解説

耐衝撃性

アウトドアで腕時計を使用する際は、岩場や木の枝などに時計をぶつける可能性が高くなります。そのような予期せぬ衝撃から時計を守るためには、優れた耐衝撃性が求められます。

耐衝撃性を高めるために、時計のケース素材には軽量かつ丈夫なチタンやステンレス、あるいは超硬質のセラミックなどが使われています。また、アウトドアウォッチの多くは、硬質ミネラルガラスやサファイアガラスを採用。頑丈な風防ガラスが、アクティブに動く腕を守ります。

長時間バッテリー

アウトドアでの長時間の使用に耐えうるバッテリー性能も、アウトドアウォッチに欠かせない要素です。特に、数日から数週間にわたる長期の山岳探検やトレッキングでは、途中で時計のバッテリーが切れてしまっては大変な困り事になりかねません。

この課題に対応するため、多くのアウトドアウォッチは、1回の充電で長期間駆動できる大容量バッテリーを搭載しています。たとえばガーミンのfēnix(フェニックス)シリーズは、GPS機能を使用しない状態で最長2週間以上の連続稼働が可能です。ソーラー充電機能を備えたモデルなら、太陽光で継続的に充電できるため、よりロングライフな使用が期待できます。

キャンプ向けの機能

キャンプ向けの機能

キャンプシーンで活躍するアウトドアウォッチには、暗闇での視認性と多彩なセンサー機能が重宝されます。夜間の装備準備やトイレ、就寝時にも時刻を確認できる明るいバックライトや、LEDライト機能を搭載したモデルは、手元を頼りなく照らしてくれる頼もしい存在になるでしょう。

また、日の出・日の入り時刻を自動計算する機能や、天体の動きをグラフィカルに表示する機能を備えたモデルもあります。カシオのPROTREKシリーズには、太陽や月の位置、月齢、タイドグラフなどを表示できるトリプルセンサーバージョンがあります。自然と一体になれるアウトドアウォッチといえます。

さらに、スマートウォッチタイプのアウトドアウォッチなら、スマホと連係して天気予報やスケジュール管理、通知機能なども利用可能です。

登山向けの機能

登山やハイキングで活躍するアウトドアウォッチには、高度計、気圧計、コンパス、温度計などの多彩な機能が求められます。標高や気圧の変化から天候の急変を予測したり、方角を確認したりすることで、安全で効率的な登山が可能になります。

また、GPSを内蔵したモデルなら、現在地の把握や移動軌跡の記録、ルートナビゲーションなども可能です。フィンランドの時計メーカーであるスント の Ambit シリーズは、GPSによるルート 機能と、50時間以上のバッテリー駆動を実現。長距離トレイルでも力を発揮します。

ただし、高機能なアウトドアウォッチは、その分操作が複雑になりがち。事前に取扱説明書をよく読み、実際に操作して慣れておくことが大切です。

ダイビング向けの機能

ダイビングで使用するアウトドアウォッチには、200m以上の防水性能と、水中環境で役立つ専用の機能が求められます。水深計、残留窒素量を示すインジケーター、減圧時間の自動計算など、ダイバーの安全を支援する多彩な機能を搭載したモデルが数多く存在します。

たとえば、セイコーのプロスペックスマリンマスターは、飽和潜水用のヘリウムガス排出バルブを備えたプロフェッショナルモデルです。1000mという驚異の防水性能は、過酷な水中環境でも使用できる高い信頼性を物語っています。

また、ダイビングコンピューター機能を搭載した腕時計型のダイブコンピューターも人気です。フィンランドのスントD5は、多彩なダイビングモードと高性能なアルゴリズムを備え、レクリエーションダイバーからテクニカルダイバーまで幅広いニーズに対応。ログデータをPCやスマホと同期できる点も便利です。

おすすめアウトドア時計モデル11選

ここからは、アウトドア向けの腕時計として特におすすめの11モデルを、それぞれの特長とともにご紹介します。

カシオ G-SHOCK Mudmaster

G-SHOCKの中でも、究極のタフネスを追求したMudmasterは、まさにアウトドアウォッチの理想形と言えるでしょう。その名の通り、泥や砂埃にまみれても機能を失わない頑強さは、過酷な環境に挑む本物のアウトドアマンにこそ似合う一本です。

世界中の険しい山々を駆け巡っている多くの方の腕に輝いているのがこのMudmasterです。トリプルセンサーによる高度計、気圧計、温度計、方位計の機能は、山岳地帯を行く者にとって、まさに心強い見方です。

そして、何よりも、そのワイルドなフォルムは見る者の度胸を奮い立たせてくれます。堂々たる大型ケースは、男の勇気と覚悟を体現しているかのよう。文字盤に輝くツインLEDは、暗闇の中でも前へ突き進む勇者の道しるべとなってくれるでしょう。

ガーミン fēnix 6 Pro

ガーミンの誇るアウトドアGPSウォッチの最高峰、fēnix(フェニックス)6 Pro。この一本があれば、地図も道具もいりません。あらゆるアウトドアシーンを自由自在に駆け抜けられる、まさに”究極の冒険道具”とも呼ぶべき傑作です。

トレッキング、登山、ランニング、サイクリング、カヤック、スキー。あらゆるアクティビティに対応する専用アプリと、圧倒的な情報量のマルチスポーツ機能。それはもはや腕時計の域を超えた、アウトドアの頼れる”相棒”としか言いようがありません。

GPSによるルートナビゲーションは、まるで目には見えない道標です。また、PulseOx(血中酸素濃度測定)やBody Battery(体調管理)など、最先端のテクノロジーがアウトドアマンの健康をしっかりとサポートします。

そしてプレミアムな質感に裏打ちされた頑強さ。チタン製ベゼルとサファイアガラス、10気圧防水が、どんな過酷な環境もものともしません。Fenix 6 Proは、アウトドア愛好家の情熱とプライドを体現した、まさに究極の一本と言えるでしょう。

コルム アドミラル

コルム アドミラル

海を愛する紳士のための時計、それがコルムのアドミラルです。1960年代に誕生したこのモデルは、ヨットレースに挑む艇長の頼れる相棒として、長きに渡って愛され続けてきました。私はこのアドミラルに、海の男の誇りと情熱、そしてスポーツマンシップ溢れる気品を感じずにはいられません。

アドミラルが持つ最大の魅力は、12面体のケースデザインでしょう。まるで海を切り裂くヨットの鋭利なフォルムを思わせるそのシルエットは、海の男の力強さと優雅さを見事に表現しています。

海原を駆け抜ける疾風のように、アドミラルは時の中を雄々しく進んでいく。そんな波乗りのロマンを感じさせてくれる至極の1本なのです。

そしてダイアルに配されたナノチューブ構造。まるで航海士の望遠鏡を覗き込んだかのような、無限の広がりを感じさせる緻密な造形美。ロジウム仕上げのアワーマーカーとアップライトのアラビア数字が、精悍な印象を引き立てます。高級ヨットのデッキを思わせる木目調のダイアルリングが、海の男の粋な遊び心を感じさせてくれます。

海の男たちが夢見た、究極の時計。それがコルムのアドミラルなのです。

アドミラルコレクション:アドミラルズカップから誕生したコルムのラグスポ時計を解説

ユリス・ナルダン マリーン

ユリス・ナルダンのマリーン クロノメーター 43mm

海の赴くままに生きる男のための時計、それがユリス・ナルダンのマリーンです。1846年の創業以来、クロノメーターの名門として名を馳せてきたユリス・ナルダン。その卓越した技術力と洗練されたデザイン美学が結晶したのが、このマリーンなのです。海を愛する男の自由奔放な魂と、どこまでも高みを目指す冒険心を感じずにはいられません。

マリーンが持つ最大の魅力は、航海時計の血統を受け継ぐ精緻なムーブメントでしょう。UN-26自動巻きキャリバーはスイス時計界の最高峰とも言える技術の粋。海の荒波をものともしない圧倒的な精度で、冒険者の道しるべとなってくれます。

そしてダイアルに輝くアンカーモチーフ。海の男の勇気と決断力の象徴とも言うべきそのシンボルは、まるで大海原を切り拓く先駆者の勲章のよう。一本一本丹念に手作業で作り上げられるその佇まいは、究極の男の美学です。

海の男の夢が結実した、究極の時計。それがユリス・ナルダンのマリーンなのです。

ユリス・ナルダンマリーンコレクションはどんな時計?海軍や戦艦三笠にも採用された技術の粋

パルミジャーニ・フルリエ トンダ PF スポーツ

パルミジャーニ・フルリエのトンダコレクションGPHGの受賞

冒険家のための時計、それがパルミジャーニ・フルリエのトンダ PF スポーツです。1997年、天才時計師ミシェル・パルミジャーニが設立したブランドの誇る、最新のスポーツウォッチ。トンダ PF スポーツには、未踏の地へ挑む冒険家の勇気と情熱、そして何ものにも縛られない自由な精神を感じずにはいられません。

トンダ PF スポーツが持つ最大の魅力は、その前衛的なデザインでしょう。ラウンドシェイプのケースに組み合わされたクッション型のベゼルが生み出す独創的なフォルムは、まるで未知の領域に飛び込む冒険家の逞しい肉体を思わせます。

ブランドのアイコンとも言うべき”トンダ”のフォルムに、スポーツウォッチのエッセンスを見事に融合させた唯一無二の存在と言えるでしょう。

冒険家の夢を形にした、究極の時計。それがパルミジャーニ・フルリエのトンダ PF スポーツなのです。この一本があれば、世界中のどこへでも行ける。トンダ PF スポーツが、貴方の冒険者魂に、終わりなき情熱の火を灯し続けてくれるはずです。

パルミジャーニ・フルリエトンダコレクションはどんな時計?GPHG受賞ラグスポ時計の魅力と歴史

スント Core

スント Core

フィンランド発の本格アウトドアウォッチブランド、スント。その中核をなすCoreシリーズは、アウトドア愛好家なら一度は腕に憧れる存在と言っても過言ではありません。

その圧倒的なまでのタフネス。極限の環境下でこそ真価を発揮する、まさに勇者の遺伝子を受け継ぐかのような佇まいです。気圧や高度、天候の変化を予測し、自然の脅威から身を守ってくれる頼もしい相棒です。

文字盤に配されたコンパスベゼルは、深い森の中で道に迷った時でも、いつだって冒険者を正しい方角へと導いてくれます。そしてログデータを眺めるたび、まるでスントCoreが、アウトドアで得たかけがえのない経験の証明書のように感じられるのです。

ストームアラーム機能は、突如襲ってくる暴風雨から身を守る最後の砦です。それは自然を愛するがゆえに、自然の脅威をリスペクトする冒険者の矜持を表しているかのようです。

このタフネスボディに秘められた情熱と誇り。スントCoreは、アウトドア愛好家の魂の結晶と言っても決して過言ではありません。

シチズン Promaster

日本が誇る時計ブランド、シチズン。その中でも国産アウトドアウォッチの最高峰とも言えるのが、Promasterシリーズです。このPromasterには、日本人の几帳面さと真面目さ、そしてものづくりへの情熱を感じずにはいられません。

Promasterの魅力は、なんと言ってもその機能美。必要にして十分な機能を、無駄なく凝縮したそのフォルムは、まるで日本刀の如き佇まいです。エコ・ドライブを搭載し、太陽光を動力源とする環境配慮型の設計は、自然を愛するアウトドアマンの心をがっちりとつかんで離しません。

文字盤の視認性の高さは、ちょっとやそっとのアウトドアウォッチでは真似できない領域と言えます。また、200m防水のタフネスボディは、海の中でも使える本格派です。

シチズンPromasterは、日本人だからこそ生み出せた本物のアウトドアウォッチ。そんな日本の誇りとも言える一本を、ぜひ多くのアウトドア愛好家に手にとってもらいたいと思うのです。

ポラール Grit X

ポラール Grit X

北欧フィンランド生まれのスポーツウォッチブランド、ポラール。その中でも、アウトドアシーンに特化した最新モデルが、このGrit Xです。ポラールがGrit Xに込めた「北欧のアウトドアスピリット」とでも呼ぶべきものを、強く感じずにはいられません。

Grit Xは、過酷な環境下でのトレーニングを支援するために生まれました。GPSによるルートナビゲーション、気圧高度計、コンパス、そして最大100時間のバッテリー持続時間。それらはすべて、自然の中で長く、たくましく活動するためのマストアイテムです。

そして何より、Grit Xはアスリートのコンディション管理にも細やかな配慮を見せます。睡眠の質や回復度合いを可視化するリカバリープロ機能は、アスリートの体調管理に革新をもたらすはず。それは北欧ならではの、人間性を尊重するまなざしの表れと言えるでしょう。

タグ・ホイヤー Connected Modular

スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤー。その名門が放つ、アウトドアスマートウォッチの最高傑作が、このConnected Modularです。伝統と革新が交錯する、まさに時計界の”スイス・アーミーナイフ”とも呼ぶべき一本。

Connected Modularの真骨頂は、なんと言ってもそのモジュラーデザインです。時計本体、ストラップ、ラグ、その全てがカスタマイズ可能な可変性は、他のアウトドアウォッチには見られない特権と言えるでしょう。

Intel製プロセッサとGPSを内蔵し、Google Wear OSを搭載しています。それはもはや腕時計の域を超え、手首で完結する”ウェアラブル・アウトドアギア”の新たな地平を切り拓く存在です。そしてサファイアクリスタルとチタンケース、50m防水が約束する揺るぎないタフネスはタグ・ホイヤーの情熱が生んだ、新時代のアウトドアマシンと言えるでしょう。

ロレックス Explorer II

探検家の為に生まれた時計、それがロレックスのExplorer IIです。その佇まいは、まるで過酷な環境に立ち向かう冒険者の頼れる相棒のよう。ロレックスの誇りと情熱が、Explorer II(エクスプローラーII)には凝縮されているのです。

Explorer IIが持つ最大の魅力は、何と言ってもその昼夜を問わない抜群の視認性でしょう。夜光インデックスとメルセデス針、24時間表示ベゼルの存在が、洞窟探検のような完全な暗闇の中でも、時間を正確に読み取ることを可能にします。

そしてオイスタースチールの42mmケース、100m防水と磁気シールドを備えた頑強さ。それは人類の英知の結晶とも言うべきロレックス独自の技術です。1971年、Explorer IIを腕に北極点に立ったことで知られる探検家のスティーブ・コールトンの偉業は、Explorer IIのタフネスを世界中に証明しました。

オメガ Seamaster

海の男たちの夢が結晶したダイバーズウォッチの金字塔、それがオメガのSeamaster(シーマスター)です。1948年の誕生以来、海洋探検家や海軍特殊部隊など、海という未知なる世界に立ち向かう勇者たちを支え続けてきました。

Seamasterが持つ最大の魅力は、海の深淵をも照らし出す圧倒的な防水性能でしょう。300m防水を誇るそのタフネスボディは、まるで深海という未知の領域に飛び込む、冒険者の鋼鉄の意志を体現しているかのよう。1970年代、Seamasterを腕にしたジャック・イヴ・クストー率いるチームが、海底居住実験に成功したことは有名な話です。

そしてマットブラックダイアルに輝くスーパールミノバインデックス。漆黒の闇に浮かび上がるその姿は、まるで深海に光を灯す希望の灯台のよう。セラミックベゼルとヘリウムエスケープバルブが備える堅牢さは、オメガが誇る最高峰の技術の結晶です。

高級ブランド時計のご試着・ご購入は、日本の輸入高級時計・ジュエリーシーンを50年以上牽引してきたオーナー創業のオールドニューインク銀座にお気軽にご相談ください。

まとめ

アウトドアで使える腕時計選びは、単なるファッションアイテム以上の意味

アウトドアで使える腕時計選びは、単なるファッションアイテム以上の意味を持ちます。過酷な環境下で自分の命を守り、冒険を力強くサポートしてくれる相棒を見つけること。それはアウトドアを愛する者にとって、欠かせない大切なプロセスなのです。

アウトドアウォッチに求められる条件は数多くありますが、何より大切なのは自分のニーズにぴったりと合う一本を見つけることです。ブランドの歴史や哲学を知り、実際に手に取って感触を確かめる。そうした丁寧なアプローチこそが、理想の相棒との出会いを導いてくれるはずです。

腕時計と共に思い出を刻んでいくアウトドアウォッチは、冒険の日々を共に歩む、かけがえのないパートナーとなるのです。

自分に合ったアウトドアウォッチを見つけることで、アウトドアライフはより充実したものになるはず。皆さんも、ぜひ自分だけの運命の1本を見つけて、大自然の中で心ゆくまで冒険を楽しんでください。

高級ブランド時計のご試着・ご購入は、日本の輸入高級時計・ジュエリーシーンを50年以上牽引してきたオーナー創業のオールドニューインク銀座にお気軽にご相談ください。

PAGE TOP